腰痛の原因を突き詰め、正しい運動を行おう!ファンクショナルトレーニング、ダヴィンチボディボードの体験随時募集中!

公開日:  最終更新日:2020/09/18

日本人の8割が一生に一度は経験すると言われていて

自覚症状の中でも男女ともに上位に上がってきている痛みがこの腰痛です。

診察や画像検査で異常が見つからない腰痛については、主に姿勢の悪さや筋力の低下が大きな原因と考えられてきました。

なぜ筋力不足が腰痛の原因となるのか、今回はその関係についてお話していきます。

 

【目次】

・腰痛と血流の関係

・腰痛改善に効果的なトレーニングとは?

・ToyoFitで行うファンクショナルトレーニング

・自宅で簡単、腰痛改善ストレッチ&トレーニング

・まとめ

 

 

歩く、座る、作業をする、横になるなど、私たちは日常生活の多くの場面で腰を使って生活

しています。腰は二本足で立って生活する私たちの動作の中心となる部位でもあります。

 

人間の背骨は「生理弯曲」と言われるS字のカーブを描いています。

このS字のカーブは、頭部の重さや動作時の衝撃を吸収・分散や、全身のバランスを取る役割をしています。

しかし、パソコンやスマートフォンを使う時のような、前かがみの姿勢を取ることが多いと、S字の形状が歪み、筋肉のバランスが崩れてしまいます。

骨格で全身のバランスを取れなくなるため、不足分を筋肉で維持しようとします。

 

このカーブした背骨を支えているのが「脊柱起立筋」、そして、「大腰筋」が生理弯曲を作り、骨盤を正しい位置にキープし、「腹横筋」が腰回りをコルセットのように支えることで、姿勢を維持しています。

このように背骨を軸として多くの筋肉が姿勢を支えている為、姿勢維持のために必要な筋肉が衰えてしまうと、立つ・座るにはじまる、全ての姿勢が崩れてしまいます。

 

姿勢が崩れ、バランスを保つことができないと、腰周りだけでなく、全身の筋肉に必要以上の負荷をかけて身体を支えなければなりません。

本来ないはずの負担が筋肉にかかり続けると、筋肉は固くなり、更に骨格はゆがみ、「痛み」という症状が現れます。

従って筋力トレーニングを行い、体幹を整え、身体をしっかりと支えられるようにすることが必要になるのです。

また、筋肉の衰えは基礎代謝機能の低下を招きます。

カラダの疲れが残ることにもつながりますので、筋肉を鍛えて腰痛防止、疲れにくい身体を作ることが大切です。

 

 

◆腰痛と血流の関係

 

腰が痛むようになった場合、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどが考えられますが、

なんとなく重だるい痛みが続く場合、ほとんどが腰痛症と考えられます。

腰痛症は姿勢が悪かったり、同じ姿勢を長時間続けている事、運動不足や肥満が原因で

血行が悪くなり、筋肉が固まって周囲の神経を圧迫することで起こります。

人間の身体は筋肉を動かすことにより、血液を毛細血管の隅々まで循環させているので

身体を動かさないと血液の巡りが滞り、血流が悪くなります。

 

特にふくらはぎは「第2の心臓」と言われ、重力によって下半身に溜まった血液を

心臓に戻すポンプの働きをしています。

そのため、ふくらはぎの筋肉が凝り固まったりすると、全身の血流が悪くなるので

ふくらはぎがパンパンに張っていたり、冷たい方、また柔らかすぎて弾力がない方も

全身の機能が落ちている可能性が大きいので、ふくらはぎの筋力アップが重要です。

 

 

◆腰痛解消に効果的なトレーニングとは?

 

「運動不足の自覚はあるけれど、腰痛が悪化するのも怖いし……。」と、運動したくても

なかなか動き出せない方も多いはずです。

腰痛を抱えたまま、マシントレーニングなどで負荷をかけると、身体へのダメージが大きく、悪化させてしまう可能性も高くなります。

 

そこで、私たちがオススメするのは、「ファンクショナルトレーニング」という方法です。

ファンクショナルトレーニングとは、“カラダの機能を高めるためのトレーニング”で、

従来のマシントレーニングは、身体の筋肉を付けて身体を引き締めたり、筋力増加を目的に行っていきますが、

ファンクショナルトレーニングでは、身体の動きそのものに着目しています。

 

マシントレーニングは負荷のかかる方向が決まっているため、前から引く、下から上げる

といったように、一方からの負荷しかかかりません。

ですが、ファンクショナルトレーニングはマシントレーニングのような可動域に枠がないので、全身使って、さらにひねり動作を加え、三面的に動かすことが出来ます。

上半身・下半身の連動的な動きを三面動作で行うことによって、より日常生活・スポーツに近い動きへと繋げることができます。

その方にとって必要な1つ1つの動作に近づけた動きを行いながら、筋肉を付けていくことが可能なのです。

 

 

 

また、身体の軸となる体幹部(手や足を除いた胴体部分)を鍛えていくことで、姿勢が安定し、余計な力を使うことなく、動作を行えるようになります。

これにより、身体をより楽に動かせ、腰への負担も減るのです。

 

ファンクショナルトレーニングでは、あえて不安定な姿勢で身体を動かし、バランスを取ろうとする状態を作ることもあります。

バランスを取ろうとすることで、自然と細かい筋肉にも力が入るので、腹筋や背筋など

マシントレーニングでは難しい部分を鍛えられる事や、その姿勢を保つのに必要な筋肉を自然とトレーニングできるので、どの年代の方でも、幅広く提供できるトレーニングとなっています。

 

 

 

◆ToyoFitで行うファンクショナルトレーニング

 

当店ではこのファンクショナルトレーニングをダヴィンチボディボードを活用し行っています。

ボードに取り付けられたチューブを使って上下左右・360度、全方向にその人のかけたい

負荷にあわせて、カラダや各部位を動かすことができます。

 

チューブでの負荷なので、強度も自由自在に変えることができ、初心者が重いバーベルを持ち上げて手首を痛めたり、身体を痛めることがありませんので、どんな方でも安全に取り組むことが出来ます。

 

また、ダヴィンチボディボードは全身を使うことで有酸素運動での脂肪燃焼効果、ヨガやピラティスの動きをベースにしての身体の基礎となる体幹トレーニング、それらの動きをチューブを利用し負荷をかけることで筋トレにもなり、この3つをかけ合わせて行うので短時間でも予想以上の運動量にもなります。

 

もちろん激しい運動が苦手な方は、ゆったりと呼吸と合わせて動作を行い、身体の柔軟性、機能を高めていくことにつなげていきます。

呼吸を意識しながらという部分において、現代人は、仕事や家事、人間関係などの悩みで交感神経優位になりやすい環境で暮らしています。

深い呼吸行うことで副交感神経を優位に出来るので自律神経のバランスをとることができるのです。

 

自律神経のバランスが崩れることで起こる自律神経失調症や不定愁訴、うつ、更年期障害、不妊症、冷え症などの症状を呼吸で改善・予防することもできますので、

ダイエット目的だけでなく、身体の調子を整えていくことにもオススメです。

また、なかなか忙しく、運動の時間が取れない方やフィットネスを始める余裕がない方には

自宅でも出来る簡単な腰痛改善ストレッチ、エクササイズを教えていきたいと思います。

 

 

 

◆自宅で簡単!腰痛改善ストレッチ&エクササイズ

 

腰痛改善のためには、根本的原因となる身体の歪みを整え、筋肉の緊張状態を起こさないようにしなければなりません。

 

身体の歪みを整えることで、筋肉の緊張が和らぎ疲労やコリが解消され、柔軟性、可動域も改善されていきます。

腰痛に効果的なストレッチをご紹介しますので、動画を見て行ってみましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

【URL:】https://toyoconditioning.com/stretch_01/

 

 

◆まとめ

 

前述の通り、運動不足と腰痛が関わりがあるということをお判りいただけたかと思います。

姿勢への意識、日頃の身体のメンテナンスで、症状も軽減・解消されていきます。

また、仕事や生活の中でストレスはつきものです。

そのストレスによって腰痛の悪化にもつながることもありますので、まずは気持ちよく

身体を使い、コンディションを整えていくことから始めましょう。

また、私たちToyoFitは、整体院東葉コンディショニングと提携して行っています。

双方活用していく事で、整体師とお客様の身体の状態を共有しながらトレーニングを

進めていけるので、身体機能の改善、向上に より効果を上げることが出来ます。

運動もケアも怠らず、いつまでもラクに動ける身体づくりをここでしていきましょう。

 

ファンクショナルトレーニング、ダヴィンチボディボードの体験、お気軽にお問い合わせくださいませ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑