手術からの回復

手術や入院、それによる休職などで、

  • 体力が落ちてしまったので、戻したい
  • 可動制限を解消したい
  • ガチガチになってしまったカラダをほぐしたい
  • 病院などのリハビリだけだと不安
  • 復職までの体力・筋力を強化したいが、自分ではどうしたらいいかわからない

といったお悩みをお持ちの方も、いらっしゃると思います。

テレビや書籍にも取り上げられている整体院 東葉コンディ ショニングに併設されている、フィットネススタジオToyoFit では、独自の整体療法とトレーニング、食事管理等で、手術や入院、それによる休職で起こる、様々なカラダの不調解消、体力・筋力強化に向けて、取り組んでいます。

手術やケガの後でも、安心のトレーニング

フィットネススタジオToyoFItでは、パーソナルトレーニング、 もしくは少人数でのセミパーソナルトレーニングを中心として いますので、ご自身の状態に合わせた内容・強度で運動していくことが可能です。
周りに合わせて、無理をすることなく、ご自身のペースで動いて いくことが可能です。

トレーニング内容も、ファンクショナルトレーニングというカラダの機能を高める トレーニングを中心に行っていますので、動きやすい方と動かしにくい方の差をなくしていくようなメニューを組み立てていきます。

症例

Kさん 50代男性

2019年2月に急性大動脈解離により14時間にも及ぶ大動脈瘤切除手術を受け、半年以上の休職を余儀なくされたKさんが、整体院東葉コンディショニングの整体施術とToyoFitでのトレーニングにより職場復帰するまでのお話をご紹介します。


Kさんの身体の状態

Kさんは手術の一か月後に退院、その後、徐々に歩ける距離も伸び、家事などもできることが増え始めましたが、背中からお尻・足にかけての筋力の低下、左肩の可動域制限、 右肩の手術跡から手首、指先にかけてのしびれと感覚の鈍化が続いていました。

休職も長期化し、月に一度の病院でのリハビリだけでは不安を感じていたため、8月の初旬から症状改善と体力アップを図るため、整体と、ダヴィンチボディボードを用いたファンクショナルトレーニングに取り組むことにしました。

手術後はしばらく運動などできず、体力が低下していたため、最初はトレーニング自体が不安だったKさん。

トレーニングはトータルで30分、10分毎に休憩を挟むなど無理のない範囲からスタートしました。

その中で、うまく使えなくなった筋肉を意識して使うように動かしたり、体の左右のバランスの悪さを改善させるようなトレーニングを繰り返し行いました。


カラダの左右のバランスを取り戻すトレーニング風景

整体の施術では、運動不足などによる体全体の硬さと バランス不良、手術の後遺症と思われる左肩の可動域制限、 右手への神経症状を改善させるために、全身のバランス調整と胸郭・背骨の可動調整、肩の可動域改善の手法を行いました。

また、手術により癒着した左右の胸、鎖骨周りの筋肉・皮膚をリリースし、動きの改善も図りました。
さらに、筋肉痛が強く出るとトレーニングを続けることがつらくなるので、疲労が溜まらないように全身の筋肉をほぐすようにも心掛けて施術を行いました。

このように、整体師とフィットネストレーナーがチームとなり、Kさんの体の状態を共有しながら最適な方法を考え、ボディケアとトレーニングを実施していきました。

その結果、週2回のトレーニングと整体を全10回で、徐々に体の安定感、柔軟性、体力が回復し、さらに肩の可動域も正常に戻ったため、9月から職場に復帰することになりました。

今後も仕事の合間に通院し、さらなる体力の向上と、手術の後遺症と思われる右手の神経症状を改善させていく予定です。

料金について

整体料金

  • 整体  ¥4,500- (税別)
  • 初見料 ¥1,000- (税別)
    *初見料は、初回もしくは最終施術日から3ヶ月以上経過 した場合、頂きます。 その他、パーソナルトレーニングの料金についてはこちら

お気軽にご相談ください

  • 手術後の療養中
  • 椎間板ヘルニアなどの症状で休職中

などの方が、職場復帰に向けて計画を立て、定期的にトレーニングやボディケアに取り組んでいらっしゃいます。こうした状態でお困りの方のお役に立てることもあると思います。

ケガや手術後のリハビリ、体力・筋力回復、可動制限の解消、など、お気軽にご相談ください!

ToyoFitにすぐに電話をかける方はこちらから(電話は整体院 東葉コンディショニング東京院と共通です)

おしらせ

9月のお休み
2日(水)、9日(水)、16日(水)、21日(月・祝)、30日(水)

Toyo Fit体験会随時募集中 →詳しくはこちら

PAGE TOP ↑