運動したいけど何から始めたらいい?運動が必要な理由を徹底解説!

公開日:  最終更新日:2020/08/22

・最近あまり食べていないのに体重が増えてきた。
・少し動いただけで疲れるようになった。
・肩こりや腰痛など身体のあちこちに痛みや不調を感じるようになった。

など、年を重ねるごとに身体に感じることは増えて来ているのでは無いでしょうか。

 

これらの症状をつたえると、必ず言われるのが、加齢によるもの、さらには、「運動不足」という言葉だと思います。

 

しかし、「運動不足と言われても何から始めれば良いのか分からない」「頑張ってランニングやジム通いを始めてみたけれど、3日も経たずにやめてしまった」という方が多くいらっしゃるかと思います。

 

今回はなぜ運動を取り入れることが必要なのか、更に日常でも何気なく取り入れることが出来る、運動不足解消法をお伝えしたいと思います。

 

 

~もくじ~

運動が必要な理由とは

運動が心に及ぼす影響は?

日常の中に取り入れて運動不足解消へ!

 

 

◆運動が必要な理由とは

健康のためには運動がいい、というのは知っていても、なぜ運動をしたほうが良いのか、具体的に答えられる方は少ないかと思います。

そこで、まずは大きな理由としてなるものを上げていきたいと思います。

 

1つの理由としては、食事から摂取したエネルギーと消化するエネルギーのバランスを取るため、と言われています。

様々な開発で日常生活が便利となった現代では、日常的に身体を動かしてエネルギーを消費する、ということが少なくなり、摂取量が理想よりも上回ってしまうことが多くあります。

このバランスを崩すことが生活習慣病の原因を引き起こしてしまうことにつながってきます。

 

生活習慣病の原因には運動不足だけでなく、食生活も原因の一つとなりますが、身体を動かすということは、血液循環を良くする役割があります。

 

血液循環がよくなり、改善されれば心疾患などのリスクを減らすことや、高血圧を予防・改善してくれます。

血液循環を良くして血管の状態を良くすることが、病気にかからない身体、健康への鍵となります。

 

 

2つめは筋力や身体機能の維持です。

姿勢を支えることもそうですが、普段何気なくしている「立つ」「歩く」などの行動をするにも様々な骨や筋肉が使われています。

この「歩く」という動きも多くの足の筋肉やお尻、腰、背中というように全身を使い、そこに加えて、重心を移動させながら歩いていくのでバランス能力も使われていますので、「歩く」というだけでも十分な筋トレになるのです。

 

これらの動きをしなくなるだけでも、人の身体は多くの筋肉が減少し、バランス能力、心肺機能が衰えていきます。

この機能が衰えていくと、歩くスピードが落ちる、少しの段差にもつまずいたり、ふらついて転倒してしまったりと、日常生活に多くの影響を及ぼしていきます。

 

このような状態を少しでも避け、健康的に日常を送るためにも、定期的に運動を日常に取り入れて行くことが重要になってくるのです。

 

 

 

◆運動が心に及ぼす影響は?

運動をした後に、気分がスッキリしたり、楽観的になった経験はあるのではないでしょうか。

運動は将来の疾病予防だけではなく、気分転換やストレス解消にも繋がり、メンタルヘルスや不調を改善する効果があるとされています。

 

運動をすることで交感神経が優位である時間が長くなるので、ポジティブになりやすくなるとも言われています。

軽い運動でもセロトニンやエンドルフィンという「幸福ホルモン」ともよばれている物質が分泌され、心を安定化させてくれます。

 

更に、運動をすると身体は当然、疲れます。この疲労感が睡眠を促進し、睡眠を取ることで、身体や脳にかかるストレスを回復させ、より効果的に身体を動かすことが出来ます。

 

睡眠の質を上げ、ホルモンをしっかりと分泌させることが、健康維持や健康増進をさせることに繋がるので、適度な運動が大切なのです。

 

 

 

◆まずは日常に運動を取り入れてみよう!

運動と聞くとジムに通って走ったり、泳ぐ、筋トレをするなど、まとまった時間が必要というイメージを持ち、断念してしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、日常の中で意識して運動を取り入れ、毎日続けていくことでも、同じくらいの運動効果があると言われています。

 

例えば、通勤の行き帰りに歩く距離を増やす、普段買い物に行くお店より少し先のお店まで歩いてみる、またその帰り道に少し遠回りをして歩くなど。

10分、15分歩くだけでも、毎日続けることで1週間に60-90分以上の運動量になります。

 

さらにプラスして、普段エレベーターを使っているところを、階段で上がってみるなど、少しでも身体を動かす選択をしてあげるだけでも、効果は上がります。

階段の上りは平らな場所よりも3倍ほどの運動量にもなると言われていたり、足腰の強化にも繋がりますので、ぜひ取り入れてみましょう!

 

このように、まとまった時間が取れなくても日常で身体を動かすことは簡単にできます。

もちろん、寝る前に身体をほぐすストレッチを取り入れてあげることでも構いません。

ご自身が無理なく続けて身体を動かしてあげることで、身体も心も健康的な状態で過ごしていけるのです。

 

ToyoFitでは運動初心者の方でも楽しみながら、トレーニングに励んでいます。

少人数のグループ制やパーソナルトレーニングも実施しています。

ご相談、お問い合わせはお気軽にご連絡ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑